Tag Archives: リグヴェーダ

参考・関連レース

スローペースのきさらぎ賞はタマモベストプレイ、マズルファイヤーの先行馬決着

きさらぎ賞

1着 タマモベストプレイ
2着 マズルファイヤー
3着 アドマイヤドバイ

ゴールドアリュールやゴールスキーの半弟リグヴェーダが1戦1勝ながら1番人気に押されるも、人気はやや割れ気味。
レースはマズルファイヤーが先手をとり、バッドボーイとタマモベストプレイが2番手、リグヴェーダ、アドマイヤドバイ、ラストインパクトは後方からという流れ。
直線を向いても先頭はマズルファイヤーのまま馬場の良い外目を通り、そのすぐ外からタマモベストプレイが懸命に追う。マズルファイヤーもしぶとく粘るがタマモベストプレイがクビ差とらえて重賞初制覇。
粘ったマズルファイヤーが2着。後方から伸びたアドマイヤドバイが3着。
4コーナーで内を突いた人気のリグヴェーダは直線伸びず8着。

タマモベストプレイはシンザン記念3着に続いてきさらぎ賞制覇。派手さはありませんが距離を伸ばしながら4戦3勝の結果は立派です。
ただ今回はスローペースだったこともあり、距離適正の部分はまだちょっと分からないですね。兄弟の成績からも短いところになりそうな気はしますが、どうでしょうか。

2着マズルファイヤーも展開に助けられた面が大きかった印象で、次を見てからという感じです。