Tag Archives: プレイアンドリアル

ニュース・情報

プレイアンドリアルは皐月賞回避が正式決定

京成杯を勝ったプレイアンドリアルは右前繋靱帯炎の為、皐月賞を回避する事が決定しました。

繋靱帯炎発症の情報が出たのは2月頭くらいの時期で、回復はしているけど皐月賞には間に合わないという状況のようですね。
地方所属馬である事や、岡田オーナーの期待ぶりなどで色々と注目を集めているプレイアンドリアルの離脱は残念です。

今後はダービーを目標に青葉賞を使うかもしれないという予定のようで、現時点では休養が長引くような事はなさそうです。

ダービーには是非出てきてほしい一頭ですね。

 京成杯快勝後、右前けいじん帯炎を発症し、放牧中の川崎所属・プレイアンドリアル(牡=河津)が皐月賞(4月20日、中山)を正式に断念したことが12日、分かった。岡田繁幸オーナーが明らかにした。

 「脚元にまだ熱と腫れはあるが、今はほぼ引いた状態。とはいえ皐月賞は無理だろう」と同氏。ただ、患部は良化に向かっており、「あと1週間で乗り運動を始め、強い調教を再開できる見通し。ダービー(6月1日、東京)が大目標。間隔が空きすぎるとレース勘が鈍るので青葉賞(5月3日、東京)を使うのが理想」と今後の方針を示した。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/03/13/kiji/K20140313007762510.html

参考・関連レース

京成杯はプレイアンドリアルが快勝。地方馬の皐月賞出走権を確保

京成杯

1着 プレイアンドリアル
2着 キングズオブザサン
3着 アデイインザライフ

1番人気キングズオブザサンが単勝オッズ4.5倍。10倍以下が5頭と人気が割れた京成杯は5番人気のプレイアンドリアルが直線抜け出し快勝。重賞初制覇となりました。

勝ったプレイアンドリアルは朝日杯FSで2番人気に支持されながら7着という結果で、ここは人気を落としていましたが、懸念されていた折り合いも大きな問題はなく、2着キングズオブザサンに2馬身差は完勝といっていい結果ですね。
朝日杯FSの結果から距離を伸ばしたここで巻き返せないと悪い流れになりそうだっただけに、この勝利は非常に大きいですね。
なお、この勝利で地方馬のクラシック出走条件はクリア。現時点で皐月賞の有力候補の1頭になりました。
今年はまだまだ大混戦ですから、トライアルでもう1戦見たいですね。

2着キングズオブザサンは大外枠から好スタートを切りましたが、終始外を回される展開。
今回は他の上位馬も4コーナーは外を回ってはいますが、この馬の良さはスタートから器用に立ち回れる部分にもあるので、そこがあまり生かせない枠だったかなという印象ですね。
あとは仕掛けどころでの反応と、決め手という事になりますが、中山は合ってますし理想は昨年のロゴタイプのような競馬でしょうか。あれほど踏ん張れそうなイメージはまだないですが、次走では内枠から先行する形を見たいですね。

3着アデイインザライフは最後方から4コーナーで大外を回して突っ込んできました。
スタートも悪く、同じ中山2000の新馬戦でも超スローを後方からというレースをしていますので、この位置取りはある程度仕方ないといったところでしょうか。
ハマった感があるとはいえ、この3着は今後に期待を持たせますね。レースの流れとは違うところで完全に自分のレースをしていますので、この辺りがきちんとレースをさせた時にどう出るかでしょう。

2,3番人気だったエアアンセム、ラングレーはともに苦しい競馬になってしまいました。
結果は仕方ないレースではあったと思いますが、クラシックを見据えてという面だと、もうそれほど時間はありませんから次走で結果を出さないと、という事になりますね。
特にラングレーはまだ1勝馬で、今後のローテーションが難しくなりそうです。