Tag Archives: タマモベストプレイ

参考・関連レース

スプリングSはロゴタイプが文句なしの完勝。2歳王者が皐月賞でも主役へ

スプリングS

1着 ロゴタイプ
2着 タマモベストプレイ
3着 マイネルホウオウ

ワイルドドラゴンが先手をとるも、ザラストロが引っかかって外から一気に先頭にとりつく展開。ロゴタイプは先頭集団の後ろできっちりと折り合い、その後ろにタマモベストプレイとマンボネフューという形。
4コーナーでロゴタイプが外から先頭3頭を早くも捉え、内を回したタマモベストプレイと並ぶ形で直線へ。外を通ったロゴタイプが力強く伸び、2着タマモベストプレイを1馬身半突き放す完勝。3着には中団外から鋭く伸びたマイネルホウオウ。

勝ったロゴタイプは完璧なレース運びで完勝と言っていい結果でした。折り合いも問題なく皐月賞の2000は走ってみないと分からない部分は当然ありますが、メドはついたと考えていいでしょう。
朝日杯FS、スプリングSの連勝ですから中山は合いますし、ゴチャつきやすい皐月賞では先行力は大きな武器になります。
今回は弟のC.デムーロ騎手が鞍上でしたが、本番の皐月賞では兄M.デムーロ騎手が鞍上という事で、好材料ばかりになりますね。

ただ1つ気になる点としては、今回のスプリングSは3着までマイラーっぽい馬が占めている事ですね。
マイラー向きの流れになったと言えるのかもしれませんし、やはり皐月賞でも最大の懸念は距離になりそうです。

2着タマモベストプレイはやはりちょっと距離に不安がある感じですね。
きさらぎ賞を勝ってここでも2着はよく走っているのですが、ベストはマイルかそれ以下かなという印象です。皐月賞の2000もこなせなくはないでしょうが、最後の坂は不安ですね。

3着マイネルホウオウは中山1600で連勝してここでも3着。
この馬とフェイムゲームは、外枠から今伸びるところを通れているのは確かですが、その分を考えても迫力のある末脚でした。
ただ2000でとなるとどちらかと言えばフェイムゲームの方かなという気はします。

参考・関連レース

スローペースのきさらぎ賞はタマモベストプレイ、マズルファイヤーの先行馬決着

きさらぎ賞

1着 タマモベストプレイ
2着 マズルファイヤー
3着 アドマイヤドバイ

ゴールドアリュールやゴールスキーの半弟リグヴェーダが1戦1勝ながら1番人気に押されるも、人気はやや割れ気味。
レースはマズルファイヤーが先手をとり、バッドボーイとタマモベストプレイが2番手、リグヴェーダ、アドマイヤドバイ、ラストインパクトは後方からという流れ。
直線を向いても先頭はマズルファイヤーのまま馬場の良い外目を通り、そのすぐ外からタマモベストプレイが懸命に追う。マズルファイヤーもしぶとく粘るがタマモベストプレイがクビ差とらえて重賞初制覇。
粘ったマズルファイヤーが2着。後方から伸びたアドマイヤドバイが3着。
4コーナーで内を突いた人気のリグヴェーダは直線伸びず8着。

タマモベストプレイはシンザン記念3着に続いてきさらぎ賞制覇。派手さはありませんが距離を伸ばしながら4戦3勝の結果は立派です。
ただ今回はスローペースだったこともあり、距離適正の部分はまだちょっと分からないですね。兄弟の成績からも短いところになりそうな気はしますが、どうでしょうか。

2着マズルファイヤーも展開に助けられた面が大きかった印象で、次を見てからという感じです。