Tag Archives: タガノグランパ

ニュース・情報

ファルコンS勝ちのタガノグランパ皐月賞参戦へ

ファルコンSを勝ったタガノグランパは皐月賞に向かう事が決定。
1400~1600に好成績は集中していますが、新馬勝ち直後に挑んだ2000mのラジオNIKKEI賞では上がり最速の0.3差5着もあり、血統的にも父キングカメハメハ、母父スペシャルウィークで、2000が全く無理という感じではありません。

ただファルコンSからというローテーションでの好走例というのもありませんし、普通に考えれば難しい挑戦です。

牝馬ですが、昨年フィリーズレビューを勝ったメイショウマンボがオークスを勝っていて、長めの距離もこなせる血統背景で、1400を勝っていたというパターンとしては似ているかもしれませんね。

NHKマイルが大目標でファルコンSから直行するにはちょっと間隔が開きますし、NZTあたりを使うなら皐月賞へ、といったところでしょうか。

ファルコンSを快勝したタガノグランパ(牡=松田博)の次走が皐月賞(4月20日、中山芝2000メートル)に決定した。

 松田博師は「レースぶりからも2000メートルの距離は持つと思う。オーナー(八木良司氏)と相談して決めた。鞍上は今後調整する」と見通しを語った。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/03/28/kiji/K20140328007863390.html

参考・関連レース

シンザン記念はミッキーアイルが逃げ切り3連勝で重賞制覇。大目標はNHKマイルか

シンザン記念

1着 ミッキーアイル
2着 ウインフルブルーム
3着 タガノグランパ

単勝オッズ1.6倍に支持されたミッキーアイルが好スタートからそのまま逃げ切り3連勝で重賞初制覇となりました。
2着は2番手で進めたウインフルブルーム。3着には唯一差してきたタガノグランパが入り、モーリスは5着。

勝ったミッキーアイルはとにかくスタートが良かったですね。
逆にウインフルブルームがあまり良くなかった事で、完全にミッキーアイルが主導権を握る形でのレースとなりました。
ハナを奪うと一旦落ち着きマイペースに持ち込み、上がり3Fを34.1でまとめる競馬で、後方の馬にはチャンスはありませんでしたね。

ただ今後は皐月賞ではなく、NZTからNHKマイルを目指す予定との事。
スプリングSあたりを試してみてもいいのではと思いますが、どうも陣営のコメントではマイルでもちょっと長いくらいの感覚みたいですね。
ダービーは別としても皐月賞までなら十分やれそうな馬だけに、少し残念な部分もあります。

2着のウインフルブルームはまず賞金を加算できたのは大きいですね。
今回はスタートからミッキーアイルの展開になってしまったという印象で、この展開で半馬身差の2着、後ろのタガノグランパは3馬身半離していますので十分やれていると見てもいいですね。
朝日杯も外枠から苦しい展開での3着確保で、力がある事は間違いありません。あとは距離がどうかと勝ち切る競馬が出来るかどうかという点になってきますね。

3着タガノグランパは上がり最速の33.8で差してきましたが、この展開ではさすがに苦しいですね。
前走ラジオNIKKEI杯2歳Sでも出遅れから上がり最速を出すも5着。こちらもなかなかうまくいかず、1勝馬ですから賞金を加算できなかった事も今後のローテーションを難しくしそうです。
現状では末脚をはじめいい部分もありますが、全体的に見ると少し物足りない部分も多いので、もう少し様子見といったところでしょうか。レースぶりが安定してくれば面白い一頭になりそうです。

5着のモーリスはスタート直後に鞍上内田騎手が押していって、今回は先行する形となりました。
結果的にも前にいなければ勝負にならないレースではあったんですが、モーリス自体がかかってしまっては厳しいですね。
きっちり折り合って溜められれば爆発力はある馬ですが、現状では難しいと言わざるをえないレースになってしまいました。距離も当分は短いところになるんですかね。