Tag Archives: カミノタサハラ

ニュース・情報 過去結果

皐月賞はロゴタイプがレコード完勝。2着にエピファネイア

皐月賞

1着 ロゴタイプ
2着 エピファネイア
3着 コディーノ

ロゴタイプ、エピファネイア、コディーノの3頭が僅差で人気を分け合い、3強対決となった皐月賞。

コパノリチャードが先手をとるもクリノヒマラヤオーが絡んでいき、速いペースでの展開に。
その速いペースにも関わらず、コディーノはやや持っていかれ気味で先行、エピファネイアも外から掛かり気味の追走となり、横山典、福永両騎手は必死に馬をなだめながらという状況。
対照的にロゴタイプは中団内でぴったりと折り合い、仕掛けの機会とルートを伺う。

3,4コーナー中間から先に動いたのはエピファネイア。外枠で前に馬を置けず折り合いには苦労したものの、この段階になればスムーズに仕掛けられる位置取りで、前のコパノリチャード、クラウンレガーロを射程圏に捉える。
ロゴタイプは徐々に外へ出し、エピファネイアの外を回す形になるも、脚色がよく一気に前との差は詰まりこちらも射程圏。
コディーノは前を捌くのにやや手間取り仕掛けは遅くなり、外2頭に行かれてからの追い出しとなってしまう。

直線を向いてもやはり外ロゴタイプの脚色が優勢で、エピファネイアを交わし、半馬身差を保ったままゴール。朝日杯FSに続いてのG1勝利を飾った。
2着エピファネイア、3着コディーノに加え4着もカミノタサハラで、4番人気までが人気どおり4着までに入る結果となりました。

勝ったロゴタイプは全くロスのない競馬で、エピファネイアとコディーノが掛かり気味だった事もあり、競馬のうまさが際立つ結果となりました。
ペースが全く緩まずレコード決着となった今回のようなレースでは、こういった部分がやはり最後に影響してきますね。
もちろん気性の面だけでなく、このペースを中団から追走して4コーナーでは外を回して押し切ったわけですから、能力も非常に高く、あの位置からの上がり35.3は一頭抜けていたと言ってもいい結果なのではないでしょうか。

2着エピファネイアは弥生賞に続いて外で掛かってしまう結果に。
ただその状況で半馬身差の2着はこちらも能力の高さの証明で、この厳しい流れのレースで2着という結果を出せた事はこの馬にとって大きな意味がありますね。
このレース内容を考えればNHKマイルでも面白そうですが、やはりダービーに向かう事になるとは思います。

3着コディーノも掛かっていた上に、勝負どころでゴチャついて厳しいレースになりました。
弥生賞でも似たような形で3着でしたが、この形になってしまうと中山の直線ではちょっと厳しいですね。掛かっていた事と4角で敗因がはっきり見えていますので、スムーズにいければもっとやれそうな感はありますが、圧倒的な支持を得た朝日杯の敗戦以来どうも流れが悪いですね。
ダービーに向かうかはどうかはまだ保留のようですが、恐らく出てくるでしょう。主力の1頭なのは間違いありません。

4着カミノタサハラは4コーナーで大きく膨らむなど不器用な面が目立ちました。
ズブさのある馬なので、あの仕掛けは仕方ないとも言えますが、この流れでのこの結果は上位3頭には力負けと言ってもいいでしょう。

ニュース・情報

弥生賞制覇のカミノタサハラ、皐月賞は蛯名騎手とのコンビが決定

弥生賞を内田騎手で勝ったカミノタサハラは、内田騎手が皐月賞でコパノリチャードの先約がある事から鞍上が注目されていましたが蛯名騎手で決まったようですね。
弥生賞以外の3戦は全て蛯名騎手が騎乗していますので、手綱が戻る形になります。

国枝師、蛯名騎手、金子オーナーと言えばアパパネと同じ形ですが、再現となるでしょうか。

3日の弥生賞を勝ったカミノタサハラ(牡3歳、美浦・国枝厩舎)は、皐月賞(4月14日、中山、GI、芝2000メートル)で蛯名騎手とコンビを組むことが決まった。弥生賞で騎乗していた内田博騎手は、皐月賞でコパノリチャードの先約があった。

 国枝調教師は、「(2走前まで乗っていた)蛯名君にまたお願いします。腰の甘さがなくなってきて、いい状態で本番に向かえます」と話した。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130306/pog13030612020017-n1.html

参考・関連レース

弥生賞はカミノタサハラが制覇。皐月賞は大混戦に?

弥生賞

1着 カミノタサハラ
2着 ミヤジタイガ
3着 コディーノ

エピファネイアとコディーノの対決が注目された弥生賞。人気もエピファネイア2.3倍、コディーノ2.6倍と一騎討ちの様相を呈していました。

レースはサトノネプチューンがまず出て、バッドボーイが続き、その直後の内にコディーノ、外にエピファネイアという形。枠順からも内内に入れたコディーノは比較的落ち着き折り合いがついている様子でしたが、外のエピファネイアはかなりかかり気味でビュイック騎手はなだめるのに一苦労。

3コーナーあたりでカミノタサハラが早めに仕掛け、抑えきれないエピファネイアも4コーナーで先頭に並びかける展開。内からはミヤジタイガも進出し、コディーノは最内でまだ我慢。
直線を向いてエピファネイアが抜け出し、ミヤジタイガが追いかけるその内からコディーノがここでゴーサイン。外からはもう一度カミノタサハラ。
折り合いを欠いた事が響いたのかエピファネイアは脚が鈍り、ミヤジタイガ、コディーノが交わしたところで外のカミノタサハラがクビ差差し切ってゴール。重賞初制覇と皐月賞への切符を手にしました。

勝ったカミノタサハラは3,4コーナーで捲り気味に仕掛けてからもう一度という底力を見せたレースでした。追い通しだった内田騎手もこういう乗り方はさすがですね。
印象としては現時点の馬の力を最大限引き出してどうにか勝ったという感じなので、皐月賞で同じレースが出来てもどうかというところですが、これが4戦目で初の重賞挑戦ですから皐月賞までにもう1つ強くなってくる可能性はありますね。混戦になった時に今回見せた底力は怖いです。
あとは今回の鞍上内田騎手は皐月賞ではコパノリチャードの予定。追える騎手を確保したいところです。

2着ミヤジタイガは10番人気の低評価ながら大健闘。結果的に枠順含めて一番いいところで進められた感じはありますが、コディーノを抑えたのは見事です。
中山も力のいる馬場も得意そうな感じで、皐月賞も同じような馬場なら先行できる馬ですし注意は必要かもしれませんね。

3着コディーノは今回の敗因としては最内で包まれて追い出しが遅くなった事なんでしょうが、皐月賞を見据えたレースとしては我慢させる事ができたのは収穫とも言えますね。悪い負け方ではないでしょう。
ただ直線も狭くなったところがあったとはいえ、あの形ならミヤジタイガは捕まえたかった気がします。
現時点では皐月賞の最有力候補でいいのではないでしょうか。

エピファネイアは折り合いが問題になってしまいました。皐月賞では福永騎手に戻りますが、折り合いを第一に考えた乗り方をする事になりそうです。
それでも今回0.1差の4着にはまとめていますので、力がある事は間違いありません。