Tag Archives: アデイインザライフ

参考・関連レース

弥生賞はトゥザワールド!ワンアンドオンリーの猛追をハナ差しのぐ

弥生賞

1着 トゥザワールド
2着 ワンアンドオンリー
3着 アデイインザライフ

皐月賞と同じ舞台で行われるトライアルレース弥生賞は、単勝オッズ1.6倍に支持されたトゥザワールドが、ワンアンドオンリーにハナ差まで詰め寄られるも人気に応え快勝。

勝ったトゥザワールドは道中中団外から捲るような素振りを見せ、これでレースが早めに動く形となり後半5Fのロングスパートレースというようなラップになりました。
この流れを作りながらもトゥザワールド自体は一旦落ち着き、4コーナーで再度捲っていくと、直線では一気に突き放す脚を見せます。圧勝かと思うような抜け出し方でしたが、最後は止まってワンアンドオンリーにハナ差まで詰め寄られる辛勝。

皐月賞に繋がるかという観点だと、まず中山でこの走りが出来たのは大きいですね。
皐月賞は例年の傾向や今年の想定メンバーからも、前半はもっと流れるはずなので、その時にどう対応できるかという事になります。
この馬は黄菊賞で速い流れを押し切る競馬をしていますので対応はできると思いますが、黄菊賞は京都でのレースでしたし、弥生賞の詰め寄られ方を見ると最後の坂は課題になるかもしれませんね。

今回より厳しい流れを想定した時に、早め押し切り狙いで坂を踏ん張れるか、あるいはもう少し溜めた場合に今回2着のワンアンドオンリーや、皐月賞でも人気が想定されるトーセンスターダムとの末脚勝負がどうなのか、という点がポイントになりそうです。

2着のワンアンドオンリーは4コーナーで多少の不利があった中で最後まで良く伸びています。
トゥザワールドが最後脚が上がった分はあるにしても、この馬の終いも評価するべきでしょう。
皐月賞は器用さが要求される面もあるので、そのあたりは不安点となりますが、ハマればこの馬は非常に魅力的ですね。
ならダービーで、という部分も確かにあるんですが、ダービーは最近ではもっと軽い馬場になっているので、稍重でのラジオNIKKEI杯や、かなり時計のかかっている今回の中山でのパフォーマンスをそのまま信用できるかというと必ずしもそうではありません。
個人的にも非常に期待したい馬なのですが、父ハーツクライのようになかなか勝ち切れないような事になるかもしれませんね。
それとハーツクライ産駒は急に不調になってしまう事も多いので、順調に成長していってほしいですね。

3着アデイインザライフは前の2頭からは少し離される形での3着。
今回は前2走よりもかなり前での競馬をしていますし、この3着は前2頭とは現状で少し差を感じますがまずまずではないでしょうか。
皐月賞出走権をとれたので次は皐月賞という事になりそうで、中山2000が4戦続く事になります。
父ディープインパクトに母父サクラバクシンオーという血統からも中山も2000も合っているのか微妙ですし、今回544kgという大きな馬体も含めてまだまだ色々な可能性がありそうな馬ですね。

参考・関連レース

京成杯はプレイアンドリアルが快勝。地方馬の皐月賞出走権を確保

京成杯

1着 プレイアンドリアル
2着 キングズオブザサン
3着 アデイインザライフ

1番人気キングズオブザサンが単勝オッズ4.5倍。10倍以下が5頭と人気が割れた京成杯は5番人気のプレイアンドリアルが直線抜け出し快勝。重賞初制覇となりました。

勝ったプレイアンドリアルは朝日杯FSで2番人気に支持されながら7着という結果で、ここは人気を落としていましたが、懸念されていた折り合いも大きな問題はなく、2着キングズオブザサンに2馬身差は完勝といっていい結果ですね。
朝日杯FSの結果から距離を伸ばしたここで巻き返せないと悪い流れになりそうだっただけに、この勝利は非常に大きいですね。
なお、この勝利で地方馬のクラシック出走条件はクリア。現時点で皐月賞の有力候補の1頭になりました。
今年はまだまだ大混戦ですから、トライアルでもう1戦見たいですね。

2着キングズオブザサンは大外枠から好スタートを切りましたが、終始外を回される展開。
今回は他の上位馬も4コーナーは外を回ってはいますが、この馬の良さはスタートから器用に立ち回れる部分にもあるので、そこがあまり生かせない枠だったかなという印象ですね。
あとは仕掛けどころでの反応と、決め手という事になりますが、中山は合ってますし理想は昨年のロゴタイプのような競馬でしょうか。あれほど踏ん張れそうなイメージはまだないですが、次走では内枠から先行する形を見たいですね。

3着アデイインザライフは最後方から4コーナーで大外を回して突っ込んできました。
スタートも悪く、同じ中山2000の新馬戦でも超スローを後方からというレースをしていますので、この位置取りはある程度仕方ないといったところでしょうか。
ハマった感があるとはいえ、この3着は今後に期待を持たせますね。レースの流れとは違うところで完全に自分のレースをしていますので、この辺りがきちんとレースをさせた時にどう出るかでしょう。

2,3番人気だったエアアンセム、ラングレーはともに苦しい競馬になってしまいました。
結果は仕方ないレースではあったと思いますが、クラシックを見据えてという面だと、もうそれほど時間はありませんから次走で結果を出さないと、という事になりますね。
特にラングレーはまだ1勝馬で、今後のローテーションが難しくなりそうです。