新着記事

混戦皐月賞の中心となれるか?スプリングSに挑むロゴタイプの評価は


17日(日)に行われるスプリングSは、混戦と目される今年の牡馬クラシック戦線、特に皐月賞を占う上で非常に重要なレースになりそうです。

2歳時から評価されているコディーノとエピファネイアが弥生賞でそれぞれ3,4着に敗れ、どちらも皐月賞でも人気はするでしょうが中心馬とは言えないような状況。かと言って弥生賞勝ちのカミノタサハラがそこまで人気するかと言うとこれも疑問です。
そして今回のスプリングSはコディーノを負かした2歳王者ロゴタイプが出走。ここで良い勝ち方をすればこの馬が一気に皐月賞の中心になりそうですね。

そのロゴタイプですが、朝日杯FSでは7番人気。直前のベゴニア賞はレコード勝ちをしていますが、札幌2歳Sではコディーノから0.7差の4着と大きく負けていて、伏兵扱いでした。
ところがレースでは速い流れを前々で進めて、差してくる断然人気のコディーノの追撃をクビ差抑える勝利。3着ゴットフリートとは2馬身半ありますので、この2頭が抜けたレースとなりました。

そこから3ヶ月の休養を挟んでスプリングSでの復帰となるわけですが、まず心配なのは距離ですね。
父ローエングリンは活躍馬がまだ少なく、距離適正の傾向はちょっと分かりにくいのですが、同じ父のゴットフリートは共同通信杯2着の後にはマイル路線を選択し、皐月賞をパスしてNZTからNHKマイルCに向かう事を決めています。
ロゴタイプの朝日杯FSであれだけやれる事を考えるとマイラーという感じも確かにありますね。
血統だけ見ればスタミナは問題ないのでしょうが、切れる脚がないので前傾ラップになりやすい短い距離の方が合うというイメージです。
そのイメージで捉えるのならスプリングS、皐月賞は前掛かりの展開になることも少なくないので、勝負になってもおかしくありませんが、ダービーは相当厳しくなるという見方はできます。

それ以前にそもそもロゴタイプは本当に強いのかという疑問もまだ残りますね。
朝日杯FSは確かに強い競馬ですが、過去に皐月賞で人気して勝っているような馬から比べると、2歳時の成績はやはり物足りません。
過去に朝日杯FSを人気薄で勝っている馬を参考にするならコスモサンビームやエイシンチャンプが近い感じですね。グランプリボスは父サクラバクシンオーで距離不安はもっと大きかったので少し違いますよね。
コスモサンビームやエイシンチャンプは皐月賞まではまぁ勝負になったといっても良いでしょう。
朝日杯を勝っていて翌年全く活躍できなかったという馬は少ないですが、ゴスホークケンのような例もあります。ただロゴタイプの血統背景なら長く活躍できそうですし、単純な早熟馬というのは考えにくいですね。

という事でスプリングSは今の中山の馬場や出走メンバーを見る限り、極端なスローからの上がり勝負は考えにくいので、勝負にはなるでしょう。
それがどのレベルで出来るかというのが見どころです。皐月賞で勝ち負けをと言うのであればやはりここは先行からきっちり押し切って勝ちたいですね。
逆にもし末脚比べの展開になれば脆い面が出る可能性はありますが、その場合は負けてもそれほど気にしなくていいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です