新着記事

弥生賞はカミノタサハラが制覇。皐月賞は大混戦に?


弥生賞

1着 カミノタサハラ
2着 ミヤジタイガ
3着 コディーノ

エピファネイアとコディーノの対決が注目された弥生賞。人気もエピファネイア2.3倍、コディーノ2.6倍と一騎討ちの様相を呈していました。

レースはサトノネプチューンがまず出て、バッドボーイが続き、その直後の内にコディーノ、外にエピファネイアという形。枠順からも内内に入れたコディーノは比較的落ち着き折り合いがついている様子でしたが、外のエピファネイアはかなりかかり気味でビュイック騎手はなだめるのに一苦労。

3コーナーあたりでカミノタサハラが早めに仕掛け、抑えきれないエピファネイアも4コーナーで先頭に並びかける展開。内からはミヤジタイガも進出し、コディーノは最内でまだ我慢。
直線を向いてエピファネイアが抜け出し、ミヤジタイガが追いかけるその内からコディーノがここでゴーサイン。外からはもう一度カミノタサハラ。
折り合いを欠いた事が響いたのかエピファネイアは脚が鈍り、ミヤジタイガ、コディーノが交わしたところで外のカミノタサハラがクビ差差し切ってゴール。重賞初制覇と皐月賞への切符を手にしました。

勝ったカミノタサハラは3,4コーナーで捲り気味に仕掛けてからもう一度という底力を見せたレースでした。追い通しだった内田騎手もこういう乗り方はさすがですね。
印象としては現時点の馬の力を最大限引き出してどうにか勝ったという感じなので、皐月賞で同じレースが出来てもどうかというところですが、これが4戦目で初の重賞挑戦ですから皐月賞までにもう1つ強くなってくる可能性はありますね。混戦になった時に今回見せた底力は怖いです。
あとは今回の鞍上内田騎手は皐月賞ではコパノリチャードの予定。追える騎手を確保したいところです。

2着ミヤジタイガは10番人気の低評価ながら大健闘。結果的に枠順含めて一番いいところで進められた感じはありますが、コディーノを抑えたのは見事です。
中山も力のいる馬場も得意そうな感じで、皐月賞も同じような馬場なら先行できる馬ですし注意は必要かもしれませんね。

3着コディーノは今回の敗因としては最内で包まれて追い出しが遅くなった事なんでしょうが、皐月賞を見据えたレースとしては我慢させる事ができたのは収穫とも言えますね。悪い負け方ではないでしょう。
ただ直線も狭くなったところがあったとはいえ、あの形ならミヤジタイガは捕まえたかった気がします。
現時点では皐月賞の最有力候補でいいのではないでしょうか。

エピファネイアは折り合いが問題になってしまいました。皐月賞では福永騎手に戻りますが、折り合いを第一に考えた乗り方をする事になりそうです。
それでも今回0.1差の4着にはまとめていますので、力がある事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です