新着記事

オルフェ全弟リヤンドファミユが若駒Sを快勝。その後骨折が判明


若駒S

1着 リヤンドファミユ
2着 マイネルクロップ
3着 メイケイペガスター

オルフェーヴルの全弟リヤンドファミユが最内から抜け出しての快勝。

その血統からデビュー前から注目される存在でしたが、新馬、未勝利と悪くはないもののクラシックの期待を抱かせるようなレースは見せられず、ここでは新馬、500万と連勝してきたアドマイヤオウジャに人気を譲り2番人気での出走となりました。
馬場の内側が極端に良かったこの時の京都で、最内を通ってくる池添騎手の好騎乗もありましたが、鋭く伸びた差し脚はなかなかのもの。

さぁこれから、というところだったんですが後日残念ながら骨折が発覚。全治6ヶ月の診断という事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です