新着記事

皐月賞の特徴


コースの特徴
中山2000は小回りコーナー4回と短い直線で、基本的には内枠先行馬が有利になっています。
コース形態から、向こう正面からペースが上がる場合が多く、差し追い込み馬は特に加速しながらコーナーを回ってくる器用さが求められます。

皐月賞開催時だと馬場が内側から荒れている事が多く、G1らしくペースの上がりやすいので、直線が短いとは言っても最後の急坂で一気に後方からの馬と入れ替わる事は多くなっています。

レースの特徴
同じ舞台で行われるトライアル、弥生賞の勝ち馬の勝率が悪く、その影響もあって1番人気馬の信頼度がイマイチになっています。
ディープインパクトやヴィクトワールピサなど弥生賞→皐月賞と連勝してくるのはかなり強い馬だけで、展開や流れの影響が大きい中山2000の連勝は難しいものと見るのが妥当でしょう。

また、後から見れば順当な結果でも当時は違ったりしている場合は多く、この皐月賞で評価を確実なものにする馬も多く見受けられるのが特徴的ですね。
ゴールドシップ、オルフェーヴル、メイショウサムソン、ダイワメジャーなど、皐月賞の後にも複数G1を勝っている馬がそれぞれ4,4,6,10番人気で勝っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です