新着記事

2012年の皐月賞


皐月賞

1着 ゴールドシップ
2着 ワールドエース
3着 ディープブリランテ

スプリングSを勝ったグランデッツァ、きさらぎ賞、若葉Sと連勝したワールドエースの2頭が人気を分け合う形での1,2番人気。この日の中山は馬場の内側が極端に悪く、4コーナーから直線で内を走る馬はほとんどいない状況でした。

レースはまずメイショウカドマツが引っ張り、向こう正面からはゼロスがメイショウカドマツを交わしていくやや早い流れ。
ディープブリランテ、アダムスピークは3番手集団に。グランデッツァ、ワールドエース、ゴールドシップは後方から。

3,4コーナーでゴールドシップの内田騎手が早くも仕掛け、最内をグイグイと上がっていき、そのままポッカリと開いた荒れた内で4コーナーを回ると、外を回したワールドエースやグランデッツァとは大きな差があり、この時点で勝負あり。
ワールドエースは大外を回して鋭い差し脚を見せるも2着まで、先行からしぶとく伸びたディープブリランテが3着。

ゴールドシップだからこそ出来たとも言える内田騎手の好騎乗でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です