ファルコンS勝ちのタガノグランパ皐月賞参戦へ

ファルコンS勝ちのタガノグランパ皐月賞参戦へ

ファルコンSを勝ったタガノグランパは皐月賞に向かう事が決定。
1400~1600に好成績は集中していますが、新馬勝ち直後に挑んだ2000mのラジオNIKKEI賞では上がり最速の0.3差5着もあり、血統的にも父キングカメハメハ、母父スペシャルウィークで、2000が全く無理という感じではありません。

ただファルコンSからというローテーションでの好走例というのもありませんし、普通に考えれば難しい挑戦です。

牝馬ですが、昨年フィリーズレビューを勝ったメイショウマンボがオークスを勝っていて、長めの距離もこなせる血統背景で、1400を勝っていたというパターンとしては似ているかもしれませんね。

NHKマイルが大目標でファルコンSから直行するにはちょっと間隔が開きますし、NZTあたりを使うなら皐月賞へ、といったところでしょうか。

ファルコンSを快勝したタガノグランパ(牡=松田博)の次走が皐月賞(4月20日、中山芝2000メートル)に決定した。

 松田博師は「レースぶりからも2000メートルの距離は持つと思う。オーナー(八木良司氏)と相談して決めた。鞍上は今後調整する」と見通しを語った。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/03/28/kiji/K20140328007863390.html

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)