スプリングSはロサギガンティア!皐月賞は大混戦に?

スプリングSはロサギガンティア!皐月賞は大混戦に?

スプリングS

1着 ロサギガンティア
2着 アジアエクスプレス
3着 クラリティシチー

異色の2歳王者アジアエクスプレスの復帰が注目されたスプリングSは、3番人気のロサギガンティアが快勝。
出遅れをものともしなかったロサギガンティアとM.デムーロ騎手の立ち回りの上手さが際立ったレースでした。

勝ったロサギガンティアはスタートで出遅れるとすぐに中団までポジションを取り戻し、徐々に進出していくと4コーナーでは先頭を射程に捉える3番手まで上げていました。
中山コースで内を回って4コーナーだけ外からというのは昨年の皐月賞でのロゴタイプとM.デムーロ騎手を思い出しますね。この中山の乗り方は本当に上手いですし、きちっと動いたロサギガンティアもいいですね。
今回は勝負どころでモタついたアジアエクスプレスと、外外を捲ったクラリティシチーが2,3着ですし、乗り方含めた器用さがそのまま差になったような形ですね。
皐月賞は柴田善臣騎手となるようで、今回のように上手くいったM.デムーロ騎手と比べてしまうと厳しいですが、素直に動ける馬の扱いは上手いですし、出遅れ癖のあるような馬のスタートも結構上手い印象があります。

2着のアジアエクスプレスはちょっとズブさを見せましたが、最後まで伸びていましたし、中山の馬場は皐月賞でもこんな感じと想定すると皐月賞でも十分やれそうですね。
ただ朝日杯FS以来の休み明けが影響しただけならいいのですが、やはりあのズブさはちょっと気になるところで、皐月賞で勝負どころで置かれるのは致命傷になりかねません。消耗戦のようなレースになれば逆にプラスに働く可能性ももちろんあるので何とも言えないところですが。
2000に伸びる距離の問題もまだ残ってはいますが、このレースの印象だと問題なさそうで、2400でキレも要求されそうなダービーは別として、皐月賞までは十分狙えるという評価でいいのではないでしょうか。

3着クラリティシチーは自身が不器用な部分もあるのでしょうが不運が目立ちます。
今回も手応えはよく捲っていったのですが、あれだけ外を回してしまうと最後まで持ちませんね。ホープフルSでも同じような捲りで最後にはベルキャニオンにも差されるレースでしたが、どちらも3着には残しているあたりは能力の証明です。
皐月賞でもハマれば魅力がありそうな一頭ですが、中山2000で上手く立ち回れるかというと簡単ではないかもしれません。
重賞3着が2度目、500万でも取りこぼしていますので賞金はまだ400万、ダービーを目指すには皐月賞での結果が必要です。

2番人気で6着だったベルキャニオンはちょっと期待はずれの印象でした。
ホープフルSの走りや兄弟からも中山が全然だめというわけではないと思うのですが、位置取りも通ったコースも良くなかった事はあったにしても全く走らなかったですね。
これで皐月賞は当落線上あたりになりそうですが、この結果では厳しそうです。

まだ毎日杯は残っていますが、皐月賞のメンバーは大体見えてきました。
大混戦の非常に難しいレースになりそうですね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)