プレイアンドリアルは皐月賞回避が正式決定

プレイアンドリアルは皐月賞回避が正式決定

京成杯を勝ったプレイアンドリアルは右前繋靱帯炎の為、皐月賞を回避する事が決定しました。

繋靱帯炎発症の情報が出たのは2月頭くらいの時期で、回復はしているけど皐月賞には間に合わないという状況のようですね。
地方所属馬である事や、岡田オーナーの期待ぶりなどで色々と注目を集めているプレイアンドリアルの離脱は残念です。

今後はダービーを目標に青葉賞を使うかもしれないという予定のようで、現時点では休養が長引くような事はなさそうです。

ダービーには是非出てきてほしい一頭ですね。

 京成杯快勝後、右前けいじん帯炎を発症し、放牧中の川崎所属・プレイアンドリアル(牡=河津)が皐月賞(4月20日、中山)を正式に断念したことが12日、分かった。岡田繁幸オーナーが明らかにした。

 「脚元にまだ熱と腫れはあるが、今はほぼ引いた状態。とはいえ皐月賞は無理だろう」と同氏。ただ、患部は良化に向かっており、「あと1週間で乗り運動を始め、強い調教を再開できる見通し。ダービー(6月1日、東京)が大目標。間隔が空きすぎるとレース勘が鈍るので青葉賞(5月3日、東京)を使うのが理想」と今後の方針を示した。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/03/13/kiji/K20140313007762510.html

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)