新着記事

皐月賞はロゴタイプがレコード完勝。2着にエピファネイア


皐月賞

1着 ロゴタイプ
2着 エピファネイア
3着 コディーノ

ロゴタイプ、エピファネイア、コディーノの3頭が僅差で人気を分け合い、3強対決となった皐月賞。

コパノリチャードが先手をとるもクリノヒマラヤオーが絡んでいき、速いペースでの展開に。
その速いペースにも関わらず、コディーノはやや持っていかれ気味で先行、エピファネイアも外から掛かり気味の追走となり、横山典、福永両騎手は必死に馬をなだめながらという状況。
対照的にロゴタイプは中団内でぴったりと折り合い、仕掛けの機会とルートを伺う。

3,4コーナー中間から先に動いたのはエピファネイア。外枠で前に馬を置けず折り合いには苦労したものの、この段階になればスムーズに仕掛けられる位置取りで、前のコパノリチャード、クラウンレガーロを射程圏に捉える。
ロゴタイプは徐々に外へ出し、エピファネイアの外を回す形になるも、脚色がよく一気に前との差は詰まりこちらも射程圏。
コディーノは前を捌くのにやや手間取り仕掛けは遅くなり、外2頭に行かれてからの追い出しとなってしまう。

直線を向いてもやはり外ロゴタイプの脚色が優勢で、エピファネイアを交わし、半馬身差を保ったままゴール。朝日杯FSに続いてのG1勝利を飾った。
2着エピファネイア、3着コディーノに加え4着もカミノタサハラで、4番人気までが人気どおり4着までに入る結果となりました。

勝ったロゴタイプは全くロスのない競馬で、エピファネイアとコディーノが掛かり気味だった事もあり、競馬のうまさが際立つ結果となりました。
ペースが全く緩まずレコード決着となった今回のようなレースでは、こういった部分がやはり最後に影響してきますね。
もちろん気性の面だけでなく、このペースを中団から追走して4コーナーでは外を回して押し切ったわけですから、能力も非常に高く、あの位置からの上がり35.3は一頭抜けていたと言ってもいい結果なのではないでしょうか。

2着エピファネイアは弥生賞に続いて外で掛かってしまう結果に。
ただその状況で半馬身差の2着はこちらも能力の高さの証明で、この厳しい流れのレースで2着という結果を出せた事はこの馬にとって大きな意味がありますね。
このレース内容を考えればNHKマイルでも面白そうですが、やはりダービーに向かう事になるとは思います。

3着コディーノも掛かっていた上に、勝負どころでゴチャついて厳しいレースになりました。
弥生賞でも似たような形で3着でしたが、この形になってしまうと中山の直線ではちょっと厳しいですね。掛かっていた事と4角で敗因がはっきり見えていますので、スムーズにいければもっとやれそうな感はありますが、圧倒的な支持を得た朝日杯の敗戦以来どうも流れが悪いですね。
ダービーに向かうかはどうかはまだ保留のようですが、恐らく出てくるでしょう。主力の1頭なのは間違いありません。

4着カミノタサハラは4コーナーで大きく膨らむなど不器用な面が目立ちました。
ズブさのある馬なので、あの仕掛けは仕方ないとも言えますが、この流れでのこの結果は上位3頭には力負けと言ってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です